参加時の年齢と合宿免許先とのマッチング方法

参加時の年齢が高ければ高いほど、合宿免許先選びに苦労することがあります。
なぜかというと、若い世代が利用するイメージが強いからです。
しかし、合宿免許は基本的に幅広い年齢層が利用できるようになっています。
学生も利用可能ですが、三十代や四十代でも利用できるのが、本来の合宿免許です。

ただ、学生と違って年齢によっては合宿免許先の選び方を工夫する必要があります。

やはり、合宿免許を利用する年齢層は若い年代が多いからです。
社会人が学生の中に入って生活するのは、かならずしも青春時代に戻れて心地よいと感じるものではありません。



人によっては、若い世代とやり取りすることに不安を感じなかったり、慣れていたりする人もいますが、中には年齢の差によってうまくコミュニケーションを図れず、合宿中ストレスに感じてしまう可能性があります。


なので、参加時の年齢によっては、自分の年齢でも負担なく免許取得を目指せるような環境の合宿免許先を選ぶのが理想的です。


できるだけ自分の時間を持てるように、一人部屋を希望するのがお勧めです。



一人部屋なら、教習所で学ぶときは若者としっかりコミュニケーションをとりつつも、部屋に戻れば一人の時間が確保できるので、若者に合わせる必要もなく落ち着いて過ごすことができ、オンオフの切り替えが可能です。

また、もうひとつ注意しておきたいことは、参加時の年齢が三十代以上だと、学生向けの合宿免許プランと比べて保証・サポート内容に違いが出てくる点です。

たとえば、合宿免許の基本データとして提示されている、最短期間で卒業できなくなってしまったときの保証・サポート制度が重要です。



十代や二十代までは、卒業まで追加費用なく補習授業を受けられると定めていても、三十歳を境に無料で受けられる補習授業の回数に上限が設けられている例があります。

そのため、保証・サポート内容をチェックするときには、対象年齢が制限されていないか、年齢によって内容が変更されるようになってはいないかを確認しておくことが大切です。


Copyright (C) 2016 参加時の年齢と合宿免許先とのマッチング方法 All Rights Reserved.